GPN会員・グリーンプリンティング印刷をご希望のお客様へ

RECOMMEND

環境基準をクリアしたグリーンプリンティング印刷で環境への配慮をPR。

GP(グリーンプリンティング)とは、環境に配慮している印刷物と印刷工場を認定するため、2006年に 社団法人 日本印刷産業連合会(日印産連)が設けた業界自主基準です。
当社工場は「グリーンプリンティング認定工場」(GP認定工場)として認定されています。現在、環境問題への社会的な関心はかつてないほどの高まりを見せ、企業活動における 社会的責任の一環としても環境対策は必須のものとなっています。そうした社会背景に応えるべく、環境に配慮した印刷物を制作することで、CSRの一貫としてGPをご利用されることをお勧めいたします。

印刷製品にGPマークを表示するには

GP(グリーンプリンティング)マークは、印刷製品が制作から印刷、納品まですべての段階でトータルで環境に配慮していることを宣言するマークです。
印刷製品にGPマークを表示するには、印刷物の製造工程と使用資材が以下の条件に適合している必要がありますが、それさえ満たせばマーク使用料そのものは無料で、環境に配慮した印刷物であることを宣言できます。 杜陵印刷の印刷製品に対しては、グリーン基準に適合したものとして認定マーク(GPマーク)を表示することができます。
※環境配慮製品として、印刷製品に、グリーンプリンティングマークをご使用になりたい場合は、注意事項がございますので、あらかじめお問い合わせください。

製造工程

印刷製品の製造に関わる全工程(営業・企画からデリバリまで)または一部工程をGP認定工場で行う。

※GPスリースターおよびツースターを宣言するためには、全製造工程をGP認定工場で行う。GPワンスターは、少なくとも印刷工程をGP認定工場で行う。

素材

印刷製品を構成する紙、インキ、製本のり、表面加工材料といった資材が、(社)日印産連の定める水準に適合していること。この水準は、国が制定したグリーン購入法やグリーン購入ネットワーク(GPN)のガイドラインをクリアしたものとなっています。

費用

無料。上記条件を満たしていれば、印刷物のGP製品認定とマークの表示に特別な料金はかかりません。

スリースター制で、さらなる環境配慮をアピール

2009年10月1日からGPマークに3段階のスター制度が導入されました。最高水準のGPスリースターは、より環境に配慮した紙・インキ・加工材料(日印産連の定める水準-1の資材)を使い、編集・制作から製本まで製造の全工程をGP認定工場で行った印刷物だけが付けられるもの。ツースターは、製造の全工程はGP認定工場で行うが、資材の基準を(日印産連の定める水準-2以上)。ワンスターは、資材についてはツースターと同様ながら、印刷工程だけをGP認定工場で行うものです。
印刷製品の目的やコストに合わせ、適したレベルの環境印刷を選ぶことができるようになりました。

環境に配慮した印刷物制作までの流れ

相談・依頼

当社担当者とご相談いただきながら、GP基準に適合した紙・インキなどを選び、製品の仕様を指定します。

制作・製造

環境に配慮した工場と製造工程で印刷します。

完成

GPマークのついた印刷物が完成。

納品

GPマークの表示には、印刷物製造費用以外に特別な料金はかかりません。

サービスに関するお問い合わせ

お電話での問い合わせ

TEL
03-3547-9668
FAX
03-3547-9669

サイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム